マンション建替士とは

マンション建替士とは、老朽化したマンションの建替えを推進するために、住民の方々の自主的な建替えを推し進めることを支援する専門家です。一般社団法人マンション建替推進協会(以下「本協会」という)が実施した試験に合格し、協会の資格登録を受け、かつ協会発行のマンション建替士証の交付を受けたものをいいます。

マンション建替士試験実施要領

受験資格(下記、国家試験の合格者)

弁護士・司法書士・公認会計士・税理士・不動産鑑定士・一級建築士・土地家屋調査士・測量士・マンション管理士・宅地建物取引士・管理業務主任者

試験範囲

マンションの建替えに関する実用的な知識を有するかどうかを判定することに基準が置かれています。

(1)マンションの建替えに関する法令及び実務に関すること(16問)マンションの建替え等の円滑化に関する法律、マンションの建替え等の円滑化に関する法律施行令、マンションの建替え等の円滑化に関する法律施行規則、マンションの建替え等の円滑化に関する基本的な方針、建物の区分所有等に関する法律、民法、不動産登記法 等
(2)マンションの建替えに関するその他の法律(8問)建築基準法、都市計画法、消防法、住宅の品質確保の促進等に関する法律 等
(3)マンションの管理組合の運営に関する法令及び実務に関すること(10問)マンション標準管理委託契約書、管理組合の組織と運営、管理組合の業務と役割、管理組合の会計 等
(4)マンションの建物及び附属施設の構造並びに設備に関すること(12問)マンションの構造・設備、長期修繕計画、建物・設備の診断、大規模修繕 等
(5)上記に掲げるもののほか(4問)宅地建物取引業法、不動産鑑定評価に関する理論、借地借家法、税法 等
試験の形式

択一試験(50問、2時間)100点満点

試験日時

第1回  2018年(平成30年)11月18日(日) 14:00~16:00(2時間)

※第2回は2019年(平成31年)6月中旬予定

申込受付期間

第1回  2018年(平成30年)7月17日(火)~10月12日(金)当日消印有効

受験案内(願書)は、ただいま準備中です。
こちらからお申込みいただきますと、準備が出来ましたら送付させていただきます。
複数部ご希望される場合、メッセージ欄にその旨ご記入ください。

受験会場

札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・福岡

合格発表

第1回  2018年(平成30年)12月中旬予定

受験料

20,000円

合格証明書の発送

合格者には合格証明書を交付致します。

登録及び登録証の交付

試験合格後、マンション建替推進協会へマンション建替士として登録し、登録証の交付を受けることができます。

■試験の合格効力
試験の合格の効力は2年間とします。合格後2年以内に登録しない場合は失効します。

■登録の欠格事項
次のいずれか一つに該当する方は、登録することはできません。

  1. 成年被後見人または、被保佐人
  2. 禁固以上の刑に処され、刑の執行が完了または刑の執行を受けることがなくなった日から5年を経過していない方
  3. 破産者で復権を得ていない方
登録料

20,000円
※登録証交付手数料を含みます。

登録申請書類

登録申請に必要な書類は協会指定の登録申請書と次の書類です。

  1. 登録申請日より3ケ月以内に発行された住民票(コピー不可・本人のみの記載可)
    写真 縦4.5cm×横3.5cm(パスポートサイズ)1枚
  2. 「マンション建替士」登録証の有効期限

有効期限は交付日より3年間です。
更新は更新期限半年前より指定の講習を受講後、新たな登録証を交付します。
(講習と交付手数料をあわせて別途費用がかかります。費用は未定。)

試験に関するお問い合わせ

TEL:03-3524-7114(受付は平日10:00~17:00)

マンション建替士試験案内はこちら(PDF)