マンション建替士試験試験範囲について

第2回マンション建替士®の試験範囲は、下記の内容について出題します。
前回よりマンションの建替えに関する法令及び実務に関する部分について、重点をおいた出題がなされます。(前回16問➡今回20問)
その他の範囲についても若干の変更がありますので、ご確認ください。
なお、出題に係る法令等については、平成31年4月1日において施行されている法令等です。

 

1.マンションの建替えに関する法令及び実務に関すること(20問)

建物の区分所有等に関する法律、マンションの建替え等の円滑化に関する法律、被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法、建築物の耐震改修の促進に関する法律、マンションの建替え等の円滑化に関する基本的な方針 等

2.マンションの建替えに関するその他の法律(6問)

民法、建築基準法、都市計画法、不動産登記法 等

3.マンションの管理組合の運営に関する法令及び実務に関すること(10問)

マンション標準管理規約、管理組合の業務、管理組合の組織及び運営、管理組合の会計・税務・保険、管理組合の業務委託 等

4.マンションの建物及び附属施設の構造並びに設備に関すること(10問)

マンションの構造・設備、長期修繕計画、建物・設備の診断、大規模修繕 等

 5.上記に掲げるもののほか(4問)

 借地借家法、宅地建物取引業法、不動産鑑定評価に関する理論、税法 等